レポートNo108 2014.4.8  <倉林 勝>

専門量販店販売統計2014年2月

今年1月からの調査のため前年比が未記載であるが、消費増税前の需要増などもあって売上高前年比は増加したでであろう。ドラックストアの売上が家電大型専門店の売上より多かった。日本チェーンドラックストア協会は販売統計などを発表していない。また、家電を代表する協会は、かつて日本電気大型店協会があったが現在は解散してない。近く、大手家電流通協会が発足し、売上統計なども発表の予定であるがまだである。日本DIY協会の2013年度概要を記載する。


経済産業省は2014年1月より、従来の商業統計とは別に台頭著しい専門量販店、特に家電大型専門店、ドラックストア、ホームセンターの販売動向を調査発表することとなった。

 

対象企業は

①家電大型専門店

電気事務機械器具小売業(中古品を除く)に属する事業所を有する企業で、家電大型専門店(売場面積500㎡以上)を10店舗以上有する企業。

②ドラックストア

ドラックストアに属する事業所を有する企業で、ドラックストアを50店舗以上有する企業、もしくはドラックストアの年間販売額が100億円以上の企業。

③ホームセンター

ホームセンターに属する事業所を有する企業で、ホームセンターを10店舗以上有する企業、もしくはホームセンターの年間販売額が200億円以上の企業

(いずれも販売額は消費税を含んでいる)

商品分類

AV家電・・・テレビ、ビデオ、ステレオ、ラジオ、ナビゲーション、電子楽器、携帯オーディオ等

情報家電・・・パソコン、タブレット端末、プリンター、ゲーム機器、電子辞書、コピー機等

通信家電・・・携帯、無線、電話機、FAX等

カメラ類・・・カメラ、ビデオカメラ、レンズ等

生活家電・・・家事・調理家電、理美容・健康関連、フィットネス・マッサージ機等

その他・・・温水洗浄便座、24時間風呂、ドアホン、火災報知器、照明、電池、配線等

 

商品分類

調剤医薬品・・・医師の処方箋に基づく医薬品・漢方薬・生薬等

OTC医薬品・・・医薬品・漢方薬・生薬等、風邪・胃・目・皮膚治療薬、滋養強壮剤等

ヘルスケア用品・・・

ヘルスケア用品・・・脱脂綿、包帯、ガーゼ、マスク、体温計、紙おむつ、殺虫剤、コンタクト洗浄剤等

介護用品・・・大人用紙おむつ、尿取パット、介護用品、ステッキ、介護食等

ベビー用品・・・育児用ミルク、ベビーフード・飲料・紙おむつ、授乳用品等

健康食品・・・健康食品、サプリメント、ダイエット食品等

ビューティケア・・・

化粧品・・・男女化粧品、フレグランス、浴用化粧品等

ビューティケア小物・・・化粧雑貨、化粧ブラシ、つけまつげ、つけ爪、あぶら取り、ヘアブラシ等

トイレタリー・・歯磨き、歯ブラシ、シャンプー、リンス、ヘアカラー、入浴剤、石鹸、ハンドソープ等

家庭用品・・・バス・トイレ・キッチン用品、ファブリック、なべ・キッチン用品、食卓用品、掃除用品等

日用消耗品・・・住宅用洗剤、防虫剤、トイレットペーパー、芳香剤、食器洗剤、ティッシュペーパー等

ペット用品・・・ペット、ペットフード、水槽、鳥籠、犬小屋、ペット用装飾品、ペット用医薬品・化粧品等

食品・・・菓子類、米、飲料、日配品、加工品、酒類、冷凍食品等

その他・・・上記以外の衣料品、履物、カバン・袋物、書籍、文具・玩具等

商品分類

DIY用具・素材・・・

 道具・工具・・・大工・作業・板金・測定・左官・配管・整備工具、工具箱等

 電動工具・・・電動工具、エアー工具、建設荷役機械、電工用具等

作業用品・・・作業服、作業靴、靴下、軍手、安全靴、エプロン等

建築金物・・・建築金物、安全防犯金具、金網、針金、キャスター、消耗金具、チェーン等

塗料・塗装具・・・ペイント、ニス、ラッカー、塗装用品、塗装機、防腐剤、防虫・防腐塗料等

接着剤・梱包資材・・・接着剤、充填剤、テープ類、梱包資材、補習材、ロープ類等

木材・建材・・・木材、合板、断熱材、納戸、建材、雨戸、神棚、工作部材、脚材、床材、天井材等

水道・ガス・配管・・・水回り金具、給排水管、ガス用品、水回り補修部品等

住宅機器・器具・・・浴槽、便器、脱臭喚起装置、システムキッチン、給湯、ガス器具、洗面機器等

電気・・・

電気・照明・・・電線器具、道具・資材、アンテナ、照明器具、電池、管球、インターホン、換気扇等

家電製品・・・テレビ、ラジオ、洗濯機、冷蔵庫、調理家電、理美容用品、時計、電卓、カメラ等

インテリア・・・

  インテリア・・・各種内装仕上剤、壁紙、カーテン、ブラインド、カーペット、人工芝、間仕切り、障子、ふすま、ルームアクセサリー、テーブルクロス、座椅子、イ草、籐・竹製品等

  家具・収納用品・・・組立家具、椅子、ラック、押入・キッチン収納用品、収納用品等

家庭用品・日用品・・・

  家庭用品・・・バス・トイレ・キッチン用品、ファブリック、なべ、かま、調理刃物、食器、掃除、包装等

  日用消耗品・・・洗剤各種、防虫剤、シャンプー、衛生用品、化粧品、小間物、ティシュペーパー等

園芸・エクステリア・・・

  エクステリア・・・門扉、フェンス、脚立、台車、ガーデン家具、物干し竿、物置、コンクリート製品等

  園芸生物・・・種苗、球根、観葉植物、草花、野菜苗、庭木、植木等

  園芸用品・・・肥料、農薬、土農工具、園芸資材、散水用品、ガーデン機器、鉢容器、温室等

ペット・ペット用品・・・ペット用品、ペットフード、生体(犬、猫、鳥、観賞魚、昆虫など)等

カー用品・アウトドア・・・

  カー用品・・・カー用品、オイル、タイヤ、ホイール、ナビゲーター、カーアクセサリー、バイク用品等

  自転車・・・自転車、関連パーツ・用品、子供乗物、ベビーカー等

  レジャー・スポーツ・・・運動用具用品、健康器具、介護用品、アウトドア・キャンプ・ビーチ用品等

オフィス・カルチャー・・・教養・娯楽(ホビークラフト、玩具、文具、書籍など)、事務用品等

その他・・・衣料品、食品、飲料、酒類、薬品、灯油、タバコ等

⑤日本DIY協会月例調査(39社)

 

2月度概況

:店舗数と売場面積は、いずれも前年同月比で増加。増加は調査開始以来、10年6ヶ月連続。

:全店売上高は、消費税率引き上げ前の需要増の効果等もあり、前年同月比6.8%増、既存店に限ると前年同月比3.8%増。両分野の3%以上の増加は2011年7月度以来。

:太平洋側地域を中心とした大雪の影響を受けて、除雪用品に動きが見られた。また、リフォーム等の一部高額商品の他、紙類等の家庭日用品に、消費税率引上げ前の需要増の動きが見られた。

:売上高を商品分野別にみると、「サービス業務」、「園芸・エクステリア」、「DIY素材・用品」を含む7分野で増加となった。

東日本・・・北海道、東北、関東、甲信越

西日本・・・東海3県(静岡、愛知、岐阜)、北陸3県(富山、石川、福井)、近畿、中国、四国、九州、沖縄

地域は回答企業の本部所在地により区分

 

2013年売上高概要

概要

:売上高(全店・40社)・・・2兆6907億円

:売上高前年比(40社)・・・全店ベース100.9%、既存店ベース97.9

:商品分野別売上高構成比(33社)・・・「DIY素材・用品」が24.1%で第1位

 

(全体動向)

全店ベース売上高は通年で0.9%増、既存店ベースでは2.1%減となったが、2012年通年(全店1.3%減、既存店3.8%減)と比べて復調の兆しが見られた。

店舗数は1年を通じて増加し、12月の時点では前年比2.7%増となった。来店客数は通年で0.7%のマイナスとなった。

 

(商品動向)

「DIY素材・用品」(約3%増)や「サービス業務」(約12%増)等を含む3分野では前年比増加となったものの、「電気」(約4%減)や「インテリア」(約2%減)等を始めとする6分野は減少となった。

「DIY素材・用品」や「サービス業務」では、リフォーム受注に動きが見られたほか、台風の影響や消費税率の引上げ等による需要増もあり動きが見られた。なお、「カー・アウトドア」は増減がなかった

 

以上

 

現在、加盟正会員164社の「日本チェーンドラックストア協会」があるが販売統計等の公表はない。

 

1963年設立の「日本電気大型店協会」はヤマダ電機、コジマ、ヨドバシカメラ、ビックカメラ等が参加せず、存在意義が問われはじめ2005年に解散し、その後家電業界を代表する団体はない。

ここにきて、ヤマダ電機、エディオン、ケーズHD、ヨドバシカメラ、ビックカメラなど大手家電量販店10社程度が参加する「大手家電流通協会」が今年4月頃に発足の見込みとなり、家電販売統計等の公表も検討されている。正式な情報が発表されれば、このレポートに掲載する予定である。

 

日本DIY協会は加盟会員数(小売・卸・メーカー・その他)490社で小売業は66社である。そのうち、売上等を公表する企業が39社(前年は40社)、商品別売上げを公表する企業は32社(前年は33社)である。

39社にはジョイフル本田、島忠、ロイヤルホームセンター(今年から公表しなくなった)、綿半ホームエイトなどが入っていないが、他の大手企業は参加している。